在宅医療

鹿児島にて薬局の営業と在宅訪問を行っています

薬局を鹿児島でお探しでしたら、地域の皆様が多数利用されており安心感がありますので、有限会社サンセイにお越しください。複数調剤薬局を経営していますが、在宅訪問サービスも行っています。自宅療養中で外出が難しいとき、定期的に薬剤師に訪問してもらって相談を聞いてほしい方にもおすすめです。
鹿児島県や近隣で薬局を展開している企業は在宅訪問も行っています。くすり整理相談バッグをはじめ各サービスが利用できると人気を集めていますので、一度お試しください。

516e4076ee83264693c3b1466c35fb14_s

ご自宅へお伺いしお薬をお届けします

アルファー薬局・かれん薬局では在宅医療に取り組んでおります。薬局に行きたいけれども、なかなか足を運びづらい。様々な事情から外出が困難である。という患者様に対し、ご好評のサービスです。ご自宅にお伺いしお薬をお渡しすると共に、お薬をスムーズに飲めるようお手伝いしていきます。自宅療養中でなかなか外に出づらい、いつも家族にお願いするが負担を減らしたいとお困りの方は一度ご活用ください。
お薬をお渡しするだけではなく、朝昼晩と忘れないように飲めるようフォローしています。お薬の計画表を作ったり、お渡ししたお薬を整理したりその他にも状況を見ながらお手伝いしています。お薬をつい飲み忘れてしまうとお話を聞く機会もありますが、計画表を見ながら飲むことで分かりやすく飲み忘れがないよう注意することができますので、毎食後の服用に苦労される方は、ぜひ一度ご相談ください。

sansei_houmonnsuke

お医者様の訪問診療に同行します

アルファー薬局・かれん薬局では、お医者様の訪問診療に定期的に同行し、連携をとったサポートも行っています。お医者様、患者様、薬剤師が連携を取ることで手厚い援助を行い、多職種の方々の負担軽減にも貢献しています。また、退院後に自宅療養をされている方はお薬を薬局に取りに行くのが大変と感じる方は少なくありません。そのような方に対して薬剤師が定期的にお伺いし、調剤したお薬をお渡しします。ご家族様やヘルパーさんに取りに行ってもらうという方も多くいらっしゃいますが、ご本人様だけではなくその他お世話になっている人の負担も減らせるとご好評をいただいています。ぜひとも気軽にご利用ください。
薬剤師がお薬をお持ちすることで、ご自宅にあるお薬を整理することができます。例えば、前回お渡ししたお薬は飲み切ったか、余っているお薬はないか、計画的に飲めているかとチェックすることも可能ですので、ぜひご活用ください。

a5a0407feab94b2ee2151b81cefdea8c_s

計画的にお薬が飲めているかどうかを確認していきます

鹿児島近郊で薬局へのご相談をお考えなら、各種バックアップ体制が整っていますので、有限会社サンセイにご連絡ください。在宅訪問も行っていて、定期的に来てくれるので助かると地域にお住まいの方からもご好評をいただいています。お薬のことを聞きたくても、薬局に行くのが大変で話がしづらいという方は在宅訪問サービスをご利用ください。1つ1つお薬について詳しく説明すると共に、朝昼晩とどう飲めば良いのかアドバイスも行っていますので、服用中のお薬についてお困りのことがございましたら一度ご相談ください。
ご自宅にたくさんお薬が残っているケースもお見受けしますが、くすり整理相談バッグもご活用ください。残っているお薬をどうすれば良いか分からない方に対して1つずつご案内していきます。複数のお薬があってよく分からない、いつ処方されたものか調べてほしいとお悩みの方をお手伝いしていきます。

sanseituujyou

【定期薬の配薬、臨時薬の配薬について】

定期薬は、患者様や施設との間で取り決めた曜日に定期に配薬をします。定期配薬のタイミングは施設によって異なってきますが、一般的に多くの施設では週に一度のペースで行っております。配薬のペースが一週間毎であることには理由があり、処方が変更された場合に、施設での作業を出来るだけ減らし、検品や鑑査などの他業務に集中して出来るように、出来るだけ薬局内で作業を行うようにする為です。

また、体調の変化等により、定期薬以外の薬が処方された場合、あるいは定期薬の変更があった場合は、訪問日以外でも配薬することが出来ます。

  • サンセイ_190225_0005

    薬の管理

    他院のお薬が配薬時に間に合うように日数調整の依頼や服用終了日を管理し、施設へ報告しております。また、入退院の際のお薬の配薬や日数調整を行い、お薬が不足しないよう主治医に処方依頼しております。
  • sannsei_okusuri

    お薬の一包化

    お薬を用法毎に薬包へ分包してお持ちします。下剤や糖尿病薬等、体調に合わせて調整が必要な薬剤は別の薬包に入れております。このようにする事で、介助者が与薬しやすく、飲み忘れを防ぐようにしております。
  • サンセイ_190225_0006

    カレンダー配薬

    施設と連携を取り、お薬の飲み忘れ、あるいは飲み間違いなどが起きないように、個別包装したお薬を専用のカレンダーに、日付けや用法毎に入れてお持ちいたします。